求人特集

ラーメン屋の採用はトップの本気度で決まるようです。

2017年11月25日

求人特集カテゴリー | 人材採用

最近のラーメン業界のトレンドでいくと、労働条件のいいラーメン屋さんは人材採用に苦戦していない!!という事実です。「休日がしっかりある」、「福利厚生が充実している」、「給料がいい」などにしっかりと力を入れておられるラーメン屋さんはかなり人材採用も好調のようです。

たしかに、『キンキンラーメン修行道』に求人掲載されているラーメン屋さんの件数は現在、正社員・アルバイトを含めると500店舗以上(2011年11月現在)となりっていますが、求職者の応募が多いラーメン屋さんと全然応募が来ないラーメン屋さんの2つに分かれているんです。

そんな中で、調子がいいのが町田商店さんです。その理由の大きなポイントは、町田商店さんを経営している『株式会社ギフト』の人材採用の統括をされている藤井専務(下記写真)が、本気で採用に力をいれているということなんです。
やっぱり、労働環境、給与、賞与、休日、福利厚生などをしっかり見直し、働くスタッフのみんなが働きやすい会社にするために真剣に考えているところが「ラーメン屋で働きたい!」、「ラーメン業界で働いてみたい!」、「ラーメン屋で将来独立したい!」という志のある方に響くんだろうなぁ~とキンキンスタッフはいつも思っています。

だから、町田商店さんで働くスタッフさんはイキイキと楽しそうに働いておられるっていうのも印象的です。
今後、飲食業界全体を含めてラーメン業界も人財採用にはかなり苦労すると思います。そんな中で、店舗運営、店舗展開に大きく関わる人材をどう採用していくかは大きなテーマになり、ここに本気になっている会社とそうでない会社では大きく明暗が分かれるのは間違いなさそうです。やはり、人材採用に携わるトップが本気になるかどうかが大きなポイントになるんでしょうね!